面接対策

就活面接に必要な「持ち物」は?面接当日•前日の持ち物チェックシート

面接の持ち物

就活面接に必要な持ち物は?

面接前持ち物がそろっているかチェックしたい。そんなお悩みありませんか?

就活面接では、「面接に必要な持ち物を準備できているか?」がとても重要

面接会場に行って、忘れ物や足りないものに気づき焦っては、本来の力を発揮できませんよね。

そこで今回は、就活面接に必要な持ち物面接時にあると役立つなもの、前日や出発前に便利な『持ち物チェックシート』についてお伝えします。

<この記事がおすすめな人>

・これから面接を受ける就活生。
・今日や明日、面接試験を受ける人。
・就職活動をはじめたい人。就職活動に興味がある人。
・面接がうまくなりたい人。採用合格率をあげたい人。

【関連記事】

就活・転職 面接の基本マナーと内定率(採用率)を上げる7つのポイント

就活に有利なバイトおすすめ7選と就職に役立つ意外な最強バイトとは?

就活生に喜ばれるプレゼント《7選》友達•彼氏•彼女•息子•娘に

就活面接(新卒)に必要な持ち物

就活面接(新卒)に必要な持ち物

新卒の就活面接に必要な持ち物は、下記の通りです。

・A4サイズの書類が入るカバン。

面接では『A4』サイズの書類を提出したり、受け取ったりすることが多いので、“A4サイズの紙を折らずに入れることができるカバン”を持参しましょう。

※新卒の就活の場合、『黒』もしくは『黒系統』のカバンが基本です。
※新卒面接では、着席した時、床にカバンを直置きすることが多いので、『自立』するカバンがおすすめです。(必須ではありません)

就活カバン

・携帯電話(電池切れが心配ならモバイルバッテリー)

面接会場への行き方をチェックしたり、面接を受ける企業の情報を最終チェックしたり、万が一遅刻することになった場合の連絡手段として、『携帯電話』は必須です。

面接を受ける企業のサイトや連絡先をブックマークしたり、電話帳に登録したりしておきましょう。

※面接中は電源を切って、音やバイブが鳴らないようにしましょう。
※電池の減りが早い場合や充電忘れが心配な人は、『モバイルバッテリー』を持参しておくと安心です。

・エントリーシート、履歴書(※面接会場で提出する場合)

面接会場で提出するよう求められている場合は、忘れず持参しましょう。

・提出していた書類のコピー

→『エントリーシート』や『履歴書』などを提出していた場合は、提出した書類のコピーを持参して、面接前にどんな内容を記載していたかチェックできるようにしましょう。

※「話す内容とエントリーシートの内容と食い違いがないか?」も面接官の心象を左右する重要なポイントです。面接の直前に提出した内容を見直せるようにしておきましょう。

・面接を受ける企業の会社案内や募集要項

→たくさんの企業にエントリーする就活では、連日面接が続くというケースも少なくありません面接で「なぜ弊社を志望したのですか?」と聞かれた時に、頭が混乱してしまう可能性があります。

ぜひカバンの中に “面接を受ける企業の会社案内や募集要項” を入れておき、直前に見直せるようにしておきましょう。

・A4クリアファイル

→提出する書類や、もらった資料がぐちゃぐちゃにならないよう、『A4のクリアファイル』を持っておきましょう。

※1枚だけでなく、予備も含めて2〜3枚程度持っておくと安心です。

・財布(現金)

面接当日は、予期せぬ出来事が起こることもあり得ます。急遽「バスやタクシーで移動しなくてはならなくなった」「家に筆記用具を忘れてきた」「コーヒーをこぼして新しくYシャツが必要」など、急いでいる時や緊張している時だからこそ、事件・トラブルが起こることもしばしばです。

何かあった際にすぐ対応できるよう、『財布(現金)』は用意しておきましょう。

就活持ち物

・筆記用具、メモ帳もしくは手帳

面接会場について、何か記載を求められたり、事前に準備していた書類の記載忘れを発見した時のために、『筆記用具』は持っていくようにしましょう。

・腕時計

→『時間厳守』は面接で合格するための基本ポイント。遅刻しないように動けるよう、『腕時計』を身につけておくようにしましょう。

※「スマホで時間を見れば大丈夫〜」と思うかもしれませんが、面接会場で頻繁にスマホをチェックするのは、あまり良いマナーではありません。できるだけ、華美でないシンプルな腕時計をつけて行くのがおすすめです。

・シンプルな腕時計(シルバー or 革のベルト)

・金時計

・高級ブランドの腕時計

・スポーツウォッチ/デジタルウォッチ(※「ピッ」と面接中に音がならないか注意)

・ハンカチ、ティッシュ

『ハンカチ・ティッシュ』は面接での必需品!緊張で汗が止まらなくなった時や、急に咳き込んだ時、鼻水が止まらなくなった時などに大活躍です。必ず持って行くようにしましょう。

※なお、トイレで手を拭く際、トイレットペーパーをハンカチ代わりに使ったり、濡れたままの手でトイレの外に出たりする人がいますが、面接官や社員さん達の目につく可能性があるので注意が必要です。

「面接中は好印象だったものの、トイレから手を拭かずに出て廊下でズボンで手を拭いているのを見て、採用をやめた…」という事例もあるので、ハンカチは持参しましょう。

・くし、手持ち鏡、歯ブラシ

面接時は、身だしなみを整えるのに必要な『くし・手持ち鏡・歯ブラシ』も持参しておくと安心です。完璧に準備して家を出ても、会場に着く前に身だしなみが乱れることもあります。

「人は見た目が9割」と言われるように、第一印象は非常に大事です。面接を受ける前に、『手持ち鏡』で一通りチェックして、万全の体勢で面接に臨むようにしましょう。

・メイク直し道具

面接会場についてからメイク直しができるよう、『メイク道具』も持っていくのがおすすめです。

就活持ち物

就活面接(新卒)にあると便利なもの

下記は、必ず必要とまでは言えないものの、就活面接時にあると便利なもののリストです。

できるだけ用意しておくようにすると、安心して面接を受けられるので、検討してみてください。

<就活面接(新卒)にあると便利なもの>

・学生証

・面接会場への行き方や面接案内を印刷した紙、もしくはメモ

・消臭スプレー(小型)

・整髪料

・予備のコンタクトレンズ、眼鏡

・予備のストッキング

・折り畳み傘

面接当日・前日に使える持ち物チェックシート

くり返しになりますが、面接当日前日持ち物チェックをしておくだけで、慌てることなく面接に臨むことができます

ぜひ、下記の持ち物チェックシートを活用して、面接の準備を進めてみてください。

<就活面接当日・前日の持ち物チェックシート>

A4サイズの書類が入るカバン
携帯電話(あればモバイルバッテリー)
エントリーシート/履歴書
提出していた書類のコピー
会社案内・募集要項
A4クリアファイル
財布(現金)
筆記用具/メモ帳
腕時計
ハンカチ/ティッシュ
くし/手持ち鏡/歯ブラシ
メイク直しの道具

ぜひ面接に備えて、持ち物をしっかり準備して、当日の緊張を和らげてくださいね

みなさまの就活面接がスムーズに進むよう願っています!

 

ABOUT ME
やまこ
札幌と東京を拠点に旅をしながら働くアラサー社長。2回の転職を経てWEB会社に入社し、広告運用、広報、営業を経て、2017年からフリーランスのWEBマーケターとして活動。2020年に法人化。今は見た目のふわっと感と中身のギャップが甚だしい社長として日々奮闘中。花と絶景がすき。